【アンケート】初めてクレジットカードを使用したのは何歳ですか?

もっとクレジットカードを使いやすくするためにアンケートにご協力ください

破産した時は官報速報に記載されます

Published / by rankup

借金の返済ができなくなってしまった、生活も成り立たなくなった、そうなった時には債務整理という方法があって、返済額を圧縮して減らすことができます。
しかしそれでも返済が無理な場合、自己破産という方法もあって、デメリットは大きなものですが借金からは逃れることができるのです。
自己破産のデメリットは資産となるものをすべて手放さなければいけなく、さらに一定の期間はローンなどが組めなくなり、さらに官報速報に氏名が載ってしまいます。
この官報速報は媒体紙とインターネットでの閲覧があって、紙の場合は購読料がかかりますがネットは無料です。
金融機関にとっては重要な情報となり、自己破産した場合は記載を防ぐことはできません。
また信用情報に大きな傷がついてしまい、この後にクレジットカードなどを作ることが難しくなるでしょう。
しかしメリットは大きく、生活を苦しめている借金がすべてなくなりますので、暮らしの再建も可能です。
官報速報は一般人がチェックする内容ではなく、金融に関わり合いのない人にとっては存在さえも知らないものです。そういったことから過剰に心配することはなく、むしろ借金を帳消しにして生活を立て直すことが重要になるでしょう。