【アンケート】初めてクレジットカードを使用したのは何歳ですか?

もっとクレジットカードを使いやすくするためにアンケートにご協力ください

奨学金を任意整理の対象としなければ保証人に迷惑をかけずにすむ

Published / by rankup

学びたいという意思があるにもかかわらず、経済的な理由から進学が困難だという人を支援する制度として奨学金があります。
この奨学金には返済する必要のないタイプのものと、返済しなければならないタイプのものがありますが、日本の場合には後者の返済をしなければならないタイプのものが一般的です。
そのため、奨学金というものは一種の借金ということになりますが、近年では収入が少ないことや正規雇用者として働けないということが原因となって、この奨学金の返済に行き詰っている人が多数いるとされています。
そのため、任意整理をして少しでも返済の負担を軽減したいと考える人も多いのですが、奨学金の制度を利用するには条件として保証人を求められることが大半なので、任意整理をした場合にはその返済の義務は保証人へ移行することになります。
つまり、任意整理をすることによって保証人に対して迷惑をかけることになってしまうのです。
しかし、任意整理では対象とする借金を自分で選択することができます。
そのため、保証人に迷惑のかかってしまわない借金のみを任意整理の対象にしておけば誰にも迷惑をかけることなく借金を整理して新しい生活をスタートさせることができるのです。