【アンケート】初めてクレジットカードを使用したのは何歳ですか?

もっとクレジットカードを使いやすくするためにアンケートにご協力ください

一部の債権者を任意整理したい時に知っておきたいこと

Published / by rankup

任意整理は、借金問題解決法の一種であり、司法書士が債権者に対して利息や月々の支払い額の減額を目的に交渉する手続きです。
債務者と債権者の仲介役として司法書士が関与しますが、裁判所を通す必要がないために様々な提出書類の準備の手間がなく、比較的手続きがシンプルです。
債務整理の手続き手法の中で最も活用頻度が高く、一部の債権者を外して消費者金融のみを整理できる自由度の高さを有しています。
利息制限法の上限を超える高金利で貸金業を営んでいる会社と長期に渡って取引がある方の場合、法律に基づいた引き直し計算による借金の減額、将来的な利息のカット、一括返済による借金の減額を図れるケースが多いです。
任意整理によって負債総額の減額を期待できますが、整理手続きに応じない業者が増えており、債務者は熟考した上で債権者を選定する必要性が高まっています。
任意整理の手続きの情報は信用情報機関に登録され、約5年間は新規でクレジットカードを作成できません。
一部の債権者のみ整理した場合でも同様の扱いとなっています。
また、一部整理せずに生かした債権者のカードは、カード更新時、信用調査の時点で使えなくなる可能性が大きく、直ぐに利用停止がかかることはありません。