【アンケート】初めてクレジットカードを使用したのは何歳ですか?

もっとクレジットカードを使いやすくするためにアンケートにご協力ください

破産の申立はどうやるのか

Published / by rankup

多くの人が借金を抱えていたとしても、最終的に破産してしまえばこれまでの債務は帳消しになるのだと考えている人も少なくありません。
確かに一般的にはそのように思えるかもしれませんが、あくまで申立を行って認められれば一定の取立てなどは一旦なくなりますがこの後に免責という手続きも行わないといけないのです。
破産の申立を行うことで宣言がなされその後の免責の手続きを忘れてしまうと、まだ債務が残っている状態になっているのは変わりません。ただしこの免責に関しては必ずしも誰もが許可されるわけではありません。
例えば一度免責の許可を得てからまだ10年も経っていない場合や、収入に見合わない浪費やギャンブルが原因である場合です。裁判所に対して虚偽の申告を行うなども良くありません。
誰もが借金をしようと思ってするわけではありません。
きちんと生活をしていてもお金が足りなくなってしまうことは誰にでもあります。
けれども破産があるからそれほど慌てなくてもいいだろうと、申立のことを考えて生活するのは良くないことです。
自分の収入に見合ったお金の使い方をすること、そしてもしお金を借りるのであれば返済ができる金額を利用することが大切です。