【アンケート】初めてクレジットカードを使用したのは何歳ですか?

もっとクレジットカードを使いやすくするためにアンケートにご協力ください

個人再生で重要な財産目録について

Published / by rankup

個人再生を行う場合には開始手続きの申立てと一緒に、財産の詳細な報告書である財産目録を提出する必要があり、財産目録には大きく分けて一覧や細目という二種類が存在しており、一覧には現金や預貯金の他にも給与や賞与、保険や有価証券等様々な資産を一覧表示したものです。
財産目録の一覧は簡潔に記載し、詳細情報に関しては財産目録の細目に記載する事になり、虚偽情報が無いようにして提示する事が必要になります。
個人再生を行う為にもかなり詳細な部分まで記載が必要ですから、知識を持たない方が一人で記載する事は難しく、専門知識を持った弁護士に頼んで作ってもらう事が望ましいです。
個人再生を行う事によって、新規借り入れが出来なくなる期間もありますが、立て直す為にも有効な手段でありますから、弁護士等に相談した上で最も良い形で立て直せるようにする事が望ましいと言えます。
財産目録では現状持っている資産や今後継続的に保有する資産等細部に渡る情報提供が必要であり、虚偽情報を出してしまう事にはリスクがありますから、必ず詳細をチェックした上で記載して提示する事を求められますし、専門家のサポートを受けて確認してもらいながら行う事が必要です。